感染症 手足口病の発生について

今週、感染症 手足口病の報告が増えています。

★手足口病は、手のひら、足の裏、口の中に水疱性の発疹が出る、ウイルスの感染によって起こる感染症です。原因ウイルスによってはお尻や全身にプツプツが広がることもあります。発熱は発症者の1/3にみられますが、あまり高くならないことがほとんどです。数日間のうちに治る病気です。

★感染対策は、手洗いをしっかりすることです。治った後もひと月程度は排泄物からウイルスが排泄されるので手洗いが大切です。

★熱はなくとも手足に水疱が見られたり、口の中に口内炎のような症状が見られたりした場合は登園を避け、病院受診をお願いします。必要な届出はありません。発熱、重症の口内炎がなく、普段の食事が取れるようになってから登園しましょう。

次の記事

七夕